2013505

Monthly Archive

ストーカーの精神構造

201350531 | : ■ブログ日記

ストーカー被害が無くならない昨今、探偵事務所へやってくるストーカー様がおります。
ストーカーをするくらいですから、モノの考え方の次元がかなり狂っている人が多いです。
これはその一例ですが、あるスーパーのレジ打ちの女性を気に入ったストーカーは、連日のようにそのスーパーに通い詰めます。レジの女性はお客さんに対しての愛想を振りまいているだけなのですが、ストーカーは自分に好意を持っていると思い込み、既に付き合っている気になってしまったようです。そして存在しない架空の人物から「彼女が寂しがっているから、付き合ってあげな」と言われたと妄想し、何かと声をかけるのだが、進展が無い。そこで探偵社に出向き、彼女の身辺調査を依頼しようとしたというもの・・・
これは当社へ来たストーカーの一例です。話に全く整合性が無いので、契約をする前に対象となるスーパーへ内偵をしたところ、要注意人物としてマークしている男だということでした。適当な理由を付けてストーカー男からの依頼は断りましたが、ストーカーをするような者の精神構造がどれほど自分勝手にできているのか、現実に目の当たりにして驚きました。自分の好意をごり押しし、それが報われなければ、憎み出し、嫌がらせを始める・・・ 完全な異常行動をしている事を正当化し、自分自身も制御不能になってしまっているのでしょう。こういった異常者からの依頼を受けて情報を提供し、悲しい被害者を出してしまわないように、探偵社は気を引き締めなければなりませんね・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

男女の関係の所在調査は・・・

201340530 | : ■ブログ日記

異性の居所を調べてほしいとか、元の彼女、元妻、又はその逆の場合、調査依頼の動機が不純な場合が多く、気楽に引き受けられない場合があります。まず付き合ってもいない異性の居所を何故知りたいのか?この理由の正当性をきちんと答えられる人がほとんどいません。又元妻の居所を何故知る必要があるのかも同じです。ストーカーをしようとしていたり、ドメスティックバイオレンスから逃げる為に離婚して、所在を隠している元妻に詰め寄る為だったりと、犯罪行為を行なう為の所在調査の場合があり、調査結果を出す事によって、悲しい被害者を出してしまうおそれがあります。ただ、貸金を返してもらいたいので所在が知りたい等と正当な調査理由を伝えられてしまうと、中々お断りすることは難しいのです。これらは依頼者側のモラルの問題ですね。しかし、探偵社側も犯罪者に加担してしまうような調査をしてしまう事の無いように多分に注意を払う事を忘れないようにしたいものです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

戸締りは大事!

201330529 | : ■ブログ日記

県西で殺人事件があったようです。犯人は窓等からの侵入ではなく、玄関から普通に入ったと推測されています。
田舎では、玄関を開けっ放しにしておく習慣があり、特に日中には鍵が締まっている家の方が少ない地域もある位です。「特に盗まれるものは無い」「近所の人とは親せき付き合いだから勝手に入ってきてもらえるように・・・」とおおらかな考えからなのでしょうが、防犯という観点からは無謀な行為と言えるでしょう・・・
玄関のカギは窓のものよりも強固な場合が多く、泥棒等が侵入する時は窓を狙います。無理やり壊して入る時も玄関のドアよりは窓を壊すほうが簡単です。しかし玄関が開いていたらどうでしょうか?普通に開けて入れれば、そこから入ってしまいますよね。しかも音も立てずに・・・のどかな田舎とはいえ、日中から戸締りをして、訪問者が来た時に解錠するようにすべきだと思います。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

2号のつもりが3号だった?

201320528 | : ■ブログ日記

非正規の妻を妾と呼ぶようです。重婚ができない日本では、2人目以降の妻を妾として養う習慣があります。本妻公認であることが特徴で、不倫とは定義上違っているようです。現在ではその定義もあいまいになってきているようですが・・・
この妾というものは、本妻の次から2号、3号と呼ばれるようです。この2号さんからの相談が先日ございまして、2号だと思っていたら実は3号だったと激怒しているのです。相手の男性は本妻に妾がいることを隠しているようで、あまりに悔しいから相手男性の周辺に、浮気相手がたくさんいる事を吹聴してほしいとう依頼でした。探偵の業務は調査する事であり、意趣返しは取り扱っておりませんので、丁重にお断り致しました。本妻に内緒だという事は、自分自身も本妻からしたら許し難い存在であるはずです。自分の事は棚に上げて、嫌がらせをしようとは、世の中には身勝手な考えをする人がいるものです。そして探偵をなんでも屋と間違っている人も・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

ストーカーの依頼を受けないようにするには・・・

201310527 | : ■ブログ日記

またも先日、神奈川県で元夫による元妻への凶行が事件として取り上げられました・・・
元妻の居所は探偵に見つけてもらったようです。この容疑者は、家庭内暴力、いわゆるドメスティックバイオレンスDVが原因で離婚しており、元妻は住所を知られないようにして、ひっそりと隠れ住んでいたようです。
このような元妻や元カノの居所を調べたいという依頼は、厳密に審査して依頼を受けないと、ストーカー被害を生んでしまう原因となってしまいます。当社でも怪しい相談者は、これまでに何人もいましたが、調査依頼の動機に整合性が無い場合は、怪しいと判定して調査をお断りする事にしています。わずかな金額の為に、殺人事件のきっかけを作るような業務は出来ないからです。上記の事件で、どこの探偵が提供した情報なのかは分りませんが、このような探偵のおかげで、調査業界全体に影響が出てほしくないものです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

宗教でトラブルは解決しない・・・

201370526 | : ■ブログ日記

ご相談者の中には、神がかり的なものに傾倒されてしまっている方がおりまして、現実問題として、不可能なことを言い出されることがあります・・・
各種の宗教には神や仏の類が存在し、それらが人知を超えた力で望みをかなえたり、トラブルを解決してくれたりすると信じ込んでいる人がおりますが、全くのデタラメです。そんなもので人生が思い通りになるのなら誰も苦労はしません。頭の片隅では不可能なことと理解しているからこそ、現実問題として探偵に依頼してくるのですが、それを認めようとはしません・・・
神の力でなんでも解決できるのなら、配偶者の浮気も、人探しも神に頼んでみればよいはずです。しかし、現実には不可能・・・ 
藁をもつかむ思いでトラブルに向き合っているこういう方々に、そっと忍び寄り、自分の利益を得る為に相談者に都合の良いことを吹き込んで、色々なものを買わせたりするカルト教団が存在しています。困った時の神頼みという事はありますが、度を越して神頼みをすると、トラブル解決どこか、更なるトラブルに巻き込まれるので、気を付けて頂きたいものです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

興味本位では・・・

201360525 | : ■ブログ日記

興味本位で探偵の仕事を手伝わせてくれないかと言われる事があります。忙しい時にバイトでもいいから使ってくれと・・・
新人の調査員は存在しますし、ベテランの探偵も最初は初心者であったことに間違いはありません。
しかし、我々探偵の業務は、一瞬のチャンスを逃したら二度と取れないかもしれない証拠を扱っており、面白半分で調査に同行させるわけにはいきません・・・
なにより、クライアントに対して失礼に当たります。依頼者様は一生の問題で相談されてることもあり、こちら側の落ち度で、得られるはずの証拠を逃してしまったりしたら、大問題です。さらには最大級の個人情報を扱っており、外部への漏えいはあってはならない事です。よほど信用のおける者でなくては、雇う事はできません。「探偵やってるんだって? 面白そうだから、バイトで使ってよ」なんて軽い考えの人を軽々しく使える仕事ではないのです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

復讐代行の依頼は不可能です。

201350524 | : ■ブログ日記

探偵の業務がどんなものなのか、勘違いをしている方がいるようで、恨みがある相手に嫌がらせをしてほしいという相談が、たまーにあります・・・
探偵事務所は、調査をする所であって、復讐代行という業務はありません。
探偵社の中には、そういった業務を「特殊工作系」とか言って受けている所もあるようですが、大体がいかがわしい探偵社と思って間違いありません・・・
このような悪徳探偵が、ネットでおかしな宣伝をしている為か、探偵業界全体の印象をを損ねており、探偵をなんでも屋と勘違いしてしまう人を生み出していると思われます。
人を呪わば穴二つです。少なくとも当社ではそのような依頼は受ける事はできませんので・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

妻の浮気調査・・・

201340523 | : ■ブログ日記

ここのところ、男性からの妻に対する浮気調査の依頼が続いております。
不倫もののドラマ等の影響なのでしょうか?女性の不倫が増加しているようです・・・
女性は、感情で動く傾向が男性より強い為、一度のめり込むと理性が無くなってしまう方が多いようです。
深夜でも急に出掛けていってしまったり、子供の面倒を適当に済ませ、夫や実家に預けて出掛けてしまったり、小さな子供だけ家に置いて出掛けてしまったりと、理性が働けば出来ないような行動をとり、夫を困らせているという話を度々お聞きします・・・
正常な判断ができないほど浮気相手にのめり込んでいる状態は、調査するには絶好のチャンスです。自分で尾行したりして見つかったりする前にプロの探偵に相談されるのが賢明です。警戒するようになってからの調査では、調査手法が込入ったものになり、料金も高くなってしまいます。早目のご相談をお待ちしております。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

貸金トラブル

201330522 | : ■ブログ日記

お金を貸したが返してもらえなというトラブルは多いものです。こういうトラブルの場合、ほとんどが口約束等で済ましているようでして、そこが問題になります・・・
口約束でも、法的には契約は成立するのですが、それを証明できなければどうしようもありません。二人きりでの約束ならなおさらです・・・
そして相手の正確な素性をも知らない場合もあり、ここで我々探偵の出番になってきます。民事には警察は介入しませんし、法律家は相手の所在が分からないと動きようがないからです。しかし、あきらめずにご相談ください。全国を飛び回っている流れ物でもなければ、高確率で所在は判明します。ただ、貸した相手に現金も資産も無く職も無い等という場合は諦めるしかありません。無い所からは取れないからです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

次ページへ »