2013204

Monthly Archive

児童虐待は無くせないのか・・・

201320430 | : ■ブログ日記

ニュースでもよく聞く話ですが、同居している親から虐待を受けている子供たちがいます・・・
最近では実の親からの虐待も耳にしますが、やはり圧倒的に多いのが、血の繋がっていない連れ子に対する虐待です。
自分の子供では無いという事と、結婚相手の前妻(前夫)の子供という感情が働くのでしょうか?とても人間とは思えないような憎悪の念がわいているのかもしれません・・・
しかし、子供にはなんの罪もありません。知力体力に劣る子供は、なす術も無く、無抵抗でされるがままです。
本来、保護されるべき人間からの虐待は、子供達にとって、この世の地獄ではないでしょうか?探偵は人の家庭内の事情を聞かされる事が多い仕事です。このような子供の虐待話を聞かされる時もあります。ニュースではなく、目の前の人から聞かされる生々しい話には、聞くに堪えないものがあります。子供を虐待するような大人には、された子供以上の苦痛を与える刑罰でもできたらと思ってしまいます・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

浮気相手は身近に・・・

201310429 | : ■ブログ日記

浮気、不倫と言いましても、相手が居ない事には出来ない行為です。つまり、異性と出会えないと無理なのです。
なので、異性と出会える環境で起こるものなのです。最近ではネットや携帯ツールの発展で、全く見知らぬ人と出会える事もあるようですが、それらは独身の若い人の話であって、婚姻関係があって不倫しているような年代の者たちは、現実社会で相手を見つけているほうが、まだまだ大多数のように思えます。これは当社でのデータによるものですが、不倫をしている対象者の相手で多いのは、元彼や元カノ、職場の上司や部下、同僚、配偶者の友人、子供会等のメンバー、学生時代の友人等、身近な顔見知りばかりです。若い世代の性的な欲求を晴らす為のものとは違い、中年世代は実際のコミュニケーションから恋愛になっていくのだと思われます。
不倫相手はとても身近にいる・・・
なんとも言い難い現実ですね。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

DNA鑑定

201360427 | : ■ブログ日記

自分の子供が本当の子なのかどうか? 昔からのテーマの一つですね・・・
昔は、病院のベットで看護婦が取り違えてしまったものを、そのまま育ててしまったという話が多かったようですが、最近は色々な方法でそれは回避されているようです。
なので、他人の子供を育ててしまっている家庭は、妻の浮気によるものがほとんどと言えるでしょう。自分の子供だと思って育てていたら、全く似て来ず、「誰に似たんだ?」というほど、他人に似てきたりしたのでは、夫はたまったものではないでしょうね。このような話は、表に出ないだけで相当数あるのが実情のようです。妻に似ている場合は隠し通せるかもしれませんが、現在は精度の高いDNA鑑定ができるようになり、実施している病院に頼めば、調べてくれるとのことです。探偵社に相談される方もおりますが、DNA鑑定に勝る判別はあり得ませんので、ご自分で病院に行かれる事をおすすめしています。結果を出す事が良いのかどうかは・・・ですが。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

隠し撮り・・・

201350426 | : ■ブログ日記

隠し撮りと聞くと、猥褻画像を撮影することと思われるのが一般的ですね・・・
実際にニュースでしょっちゅう出てくる話題です。しかもその犯人は、教師とか警察関係者とか、どっかの企業の偉いさんとか、お堅い仕事をしている人の割合が高いです。仕事の反動でもあるのでしょうか?
それはさておき、我々探偵の撮影も「隠し撮り」です。というか、隠し撮りしかしないと言っても良い位、隠し撮りばかりです。なぜなら、調査対象者に撮影している事を察知されないように撮影するからです。探偵にとっては、普通の業務なのですが、猥褻画像を隠し撮りしている変態共がいるおかげで、とてもやり辛い場合があります。それは駅や電車の中での対象者の撮影です。探偵は、隠し撮りとはいえ、人物を撮影しているだけなのですが、カメラが秘匿カメラだったりする為に、とんだ誤解を生んで、猥褻画像を撮影している変態と間違われたりしそうになります。撮影しているデータを見せたり、身分を証明すれば誤解は解けますが、変態共のおかげでえらいとばっちりを受けてしまいますね・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

水商売の女性とは・・・

201340425 | : ■ブログ日記

調査対象が水商売の女性だというご相談がたまに入りますが、依頼人様の私生活に口をはさむつもりはさらさらないのですが、キャバクラやスナックの女性とは、真っ当な恋愛に発展するのはごく稀なので、最初からそんなつもりで飲みに行かないほうがいいと思ってしまいます・・・
相手は、飲み代を置いていってくれるその他大勢のお客さんの一人としか思っていないのがほとんどの場合であり、よっぽどの男前か金持ちでもない限り、深い関係にはなれないのが実情です。相手は金目当てなのですから、金を与えればホイホイついて来るでしょうが、金の切れ目が縁の切れ目になり、それ以上の関係になるどころか、行方をくらましてどっかに行かれてしまう事も多いのです・・・そうなってから所在調査を依頼してくるケースがほとんどですが、見つけた所でどうにもならんです。逆にストーカー扱いをされてしまったりするので注意が必要になります。客が勘違いしてしまうような態度を取っているのもあるでしょうが、それは金目当てだということを気付いてほしいものです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

切羽詰まって・・・

201330424 | : ■ブログ日記

探偵社に、浮気調査で相談される方は、ほとんどの方が切羽詰まった心理状態になっていることが多いです。当社では、依頼人様を第一に考え、依頼人様の利益を最大限に確保する方針ですので、切羽詰まっている時だからこそ、冷静に対処する事をお伝えしています。調査に関しましても、やみくもに調査をするのではなく、高確率で結果が出る日を選定し、その調査手法や依頼人様の調査の協力も含めて、最大限の効果が出る体制で調査をお引き受けしています。相談をして、「今すぐにでも調査を開始しないと・・・」等とあせらすような事を言ったりする探偵社はご用心です!依頼人の利益ではなく、自社の利益しか考えていない所と言えるでしょう・・・
ピンチの時こそ頭を冷やして冷静に対処するのはとても大事な事です。
探偵選びにも通じることです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

景気回復か?

201320423 | : ■ブログ日記

アベノミクスで景気回復と言われていますが、一般民衆や地方、中小企業にはまだまだ恩恵が表れてないという話を聞きます。しかし、当社に限ってか、今年に入って依頼の件数が倍増中なのです!
これは、末端の消費者がお金を使いだした傾向なのではないでしょうか?景気に関係ない業種等と、探偵業界は言われたりしますが、そんなことはありません。不景気なら、誰もが財布の紐はキツクなっているはずで、一日数時間の調査でも数万円掛かる調査料をポンポン払えるわけがありません。配偶者の浮気の調査をしたくても、歯軋り噛んで我慢した人も多い事でしょう。しかし、今年はこれまでと違ってバンバン依頼が入ってくるのです・・・
当社にとってもありがたい事ですが、社会全体が好景気になって、皆が豊かに楽しく生活できるようになることを期待してしまいます。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

民事の解決はお金でしか・・・

201370421 | : ■ブログ日記

探偵の仕事で一番多いのが、浮気調査ですが、これらの解決方法は慰謝料というお金でしかありません。
自分の家庭を壊された側にとって、金の問題じゃないという気持ちになるとは思いますが、刑事案件でなければ、刑罰を与える事は不可能です。
だったら、取れるお金は取れるだけ取ってやるほうが良いではないでしょうか?
刑罰を与えられないのなら、経済的にダメージを与えるしかありません。これが法治国家での仕置きです。当社では、離婚問題に強い弁護士さんをご紹介できます。まずは、証拠収集が必要になりますが、それは当社にお任せください。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

証拠が揃うまでは・・・

201360420 | : ■ブログ日記

浮気調査において、その不貞の証拠は3回分以上あると良いとされています。最低でも2回分はないと支障が出ます。なので、1回の証拠が得られたからといって、すぐに何らかの行動を起こさないように、依頼者には伝えるようにしています。浮気しているかどうかだけの確認で、離婚を考えていなかったり、浮気相手から慰謝料を請求する気が無いのなら単発の調査でも良いでしょうが、離婚裁判に発展するようなケースの場合は、証拠が揃うまでは平静を装って我慢していただかなくてはなりません・・・ 1回目の証拠を報告した時点で、怒髪天を突いてしまい、怒りに我を忘れて配偶者につめ寄る方がたまにいらっしゃいますが、それは自分自身に不利益にしかならない行為であり、相手の思うつぼになってしまいます。なので、複数回の証拠が得られるまでは、辛抱して頂かないとなりません・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

自宅の防犯には・・・

201350419 | : ■ブログ日記

探偵をしていると、泥棒さんと同じような行動をしなければならない場合があります。もちろん泥棒と違って、物を盗むような事はしません。我々が取ってくるのは情報だけですw
なので探偵は、泥棒が嫌がる事を良く知っているものなのです。例えば、夜間の照明は効果的です。センサーライトならもっと効果大でしょう。暗闇の中を動きたい泥棒にとって、明るい所は苦手なのです。さらに防犯カメラがあったらなお良いです。そして庭は芝や土ではなく、音のする砂利が効果的です。音を立てずに歩きたい泥棒は困ることでしょう。極めつけは「犬」です。飼い主以外を吠えてくれる犬じゃないと意味がないですが、番犬がいる所は泥棒は入り辛いものです。これらの対策を取っていれば、コソドロならほぼ回避できるでしょう。ただ、プロの泥棒は、そういった簡単な防犯対策は突破してきますから、さらなる防犯施設が必要ですが・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

次ページへ »