2013603

Monthly Archive

浮気の証拠の数は・・・

201360330 | : ■ブログ日記

浮気調査の結果が出たからといって、そこですぐに行動を起こすのは早計です。
一回の不貞行為の証拠が取れただけでは、裁判になった時に、一時の気の迷いだったとか、実際は常習的に浮気していたのに一回だけだったと嘘を付かれ、真実を捻じ曲げられて、本来の進行が出来なくなることになります。なので、我々探偵も法律家も、3回以上の証拠を捉えるまで、我慢することをおすすめしています。三度以上の証拠があれば、常習的に浮気していた紛れもない証明になり、相手に弁解の余地は無く、こちらの思うように進行できるようになります。浮気していた画像を見て、その後も平静を装うのは心理的に辛いとは思いますが、ここはこらえるべきなのです。数回の証拠が得られるまで我慢しましょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

パワハラに対抗するには・・・

201350329 | : ■ブログ日記

職場でのパワハラ被害を受けて、各方面に相談に行ったけれども、パワハラをされている証明が必要だと言われて、探偵社である当社に行き着いたという案件がございます。
パワハラの相談窓口は、大企業なら企業内にあったりしますが、機能して無い所が多く、被害者側の助けにはならない場合があります。労基署にも相談窓口はありますが、企業側の立場も考慮されたりしますので、時間が掛かったりします。法律の専門家である弁護士さんの所に行くと、彼らは商売ですから適切なアドバイスをしてくれますが、パワハラの証拠が必要と言われてしまいます。一番困るのは、パワハラを受けている状況が二人きりだったりするとやっかいなのです。言った言わない、やったやらないの水掛け論をパワハラの加害者とする事になるからです。なので、証拠が無いものについて、法的に処理していくのは難しく、まずは証拠を・・となるのです。
でっ、最後に探偵の所へとなるのですが、本来の順番としては探偵の所へ行くのが最初なんですが・・・
我々が出来る事は、証拠撮りの技法の伝授と、機器の貸出しです。社内での事象に調査員が入り込む事は通常できないからです。このような業務の依頼が最近増えてきております。余計な回り道をせずに、探偵に相談すれば、早期解決になることを、我々も宣伝しなければいけませんね・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

大手探偵社の料金

201340328 | : ■ブログ日記

大手と言われる探偵社に相談したのはいいけれど、とても依頼できる料金ではないということで、当社にご相談されてくる方がいらっしゃいます。数日の調査を頼もうとすると、ちょっとした車が買えてしまうほどの金額を提示され、金が無いならサラ金を紹介するだの、クレジットで月賦もできるだのと言われ、ちょっと依頼は無理だと言うと、あからさまに態度が豹変、ふて腐れられたそうです。なんという営業でしょうか?だったら最初から、広告などに高額な調査料金なので、お金の無い方は依頼しないでくださいと書いておけばいいのではと思ってしまいますね・・・このように、大手探偵社のあまりにも高い調査料金にびっくりして、当社にご相談されてくる方が後を絶ちません。当社では簡易な調査であれば、数万円からの料金設定もございます。他社では1度の調査しかできない金額でも、当社では数回できる可能性もございます。より多くの悩みを抱いている方に調査をご提供できるように料金は抑えておりますのでお気軽にご相談ください。
お待ちしております。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

ドクターハラスメント

201330327 | : ■ブログ日記

医者という立場から、患者に対して高圧的な態度を取る、傲慢な医者がいます。嫌なら他の病院に行けという位の感覚なのでしょう。患者としては、病気になっているから病院に来ているのです。病気自体が苦痛であろうし、精神的にも弱っている状態でいることに間違いはないでしょう。そんな相手に対して、話をろくに聞かず、自分のやる事に口を出すな的な態度で、まるで壊れた部品を扱うがごとく患者を扱う医者が存在しているのです・・・
どういうつもりなのでしょうか? まぁ確かにそんな医者がいる所だと分ったら、別の病院に行けばいいだけのことですけどね・・・
まぁでも、病気で弱っている者に、さらに追い打ちを掛けるような最低の医者に好き放題させないようにする事も可能です。探偵ならではのやり方でねw

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

社員の素行調査

201310325 | : ■ブログ日記

あの社員の営業成績が上がらない、どうもあの社員の現場は利益が出ない、何かおかしい・・・
このような疑念を抱いたら、社員の素行調査をするべきです。だいたいが、仕事をしないでサボっていたり、取引先と結託して私腹を肥やし、本来あるべき会社の利益を詐取している事が多いです。これらは場合によっては業務上横領にもなる犯罪です。
時間が経てば経つほど、その金額は莫大なものになり、会社の損失は計り知れないものになるでしょう。そして発覚した後の、不良社員の損害賠償額もかなりの金額になり、とても返せないものになります。そうなる前に調査をすべきです。単に能力の無い社員なのか、上記のようなブラック社員なのか、事実が解れば素早く対処ができるでしょう。社員本人も、後戻りのできなくなる状態になる前に真実を掴んでもらったほうが、傷が浅いというものです。社員を疑ってかかるという気持ちではなく、真実を解明するという気持ちで調査をすればいいのです。そして、社員に悪さをさせないような社内の仕組みを構築してほしいものです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

新生活・・・

201370324 | : ■ブログ日記

四月から新生活が始まる人が多いこの時期、探偵社にも調査依頼の相談が多く入ります。四月で転勤になるので、それ以前に配偶者の浮気の証拠をつかみたい等・・・
暖かくなってくるこの時期は探偵も忙しくなってきます。
地方の探偵は、尾行や張り込みの現場調査は、車を使用するのがほとんどです。車輌による尾行自体が、通常の運転よりも危険を伴うものですが、この年度末の時期は、免許取立ての若者が未熟な運転をしている時期でもあり、公道を走る時は、なおさら気をつけなければならない時期でもあります。毎年のように、18歳から20代前半の若者が、無謀な運転をして命を落としたというニュースが流れます・・・
そのような事故に巻き込まれないように、新人ドライバーが走っているこの季節は、ベテランドライバーも気を引き締めて運転しないといけませんね・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

世の中程度問題

201360323 | : ■ブログ日記

被害者からみれば、被害に遭えば、一度だって許せない気持ちになるはずですが、世間ではそれが通りません。近隣トラブルの嫌がらせ、ストーカー行為、配偶者の浮気等、どれもそうですが、何度も常習的に被害に遭っていなければ、又それを証明できなければ、いくらそれをうったえても、取り扱ってもらえないのです。
結局は1~2回の被害は、我慢しなさいということなのでしょうね・・・
配偶者の浮気も同じで、常習的に浮気をしていることが間違いなくても、その証拠がなければ証明できません。なので、3回程度の浮気の現場を捉える必要があるのです。
これがあるのと無いのでは、もめて裁判になった時の優劣にすごく差が出ます。
近隣トラブルによる悪戯被害なども、何度も繰り返される映像を確保できていれば、警察も動かざるを得ないでしょう。ストーカー行為なども同様です。
要は証拠が大事であり、程度問題なのです。その証拠を捉えるプロが我々探偵です。
被害者が泣き寝入りしなくて済むように、探偵は日夜証拠を押さえる活動をしています。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

幻聴・・・

201350322 | : ■ブログ日記

盗聴器発見の依頼の場合、電話相談の時点でお断りする事があります。なぜかと言うと、それが盗聴被害ではなく、精神疾患と思われる場合があるからです・・・
本当の盗聴・盗撮被害の場合、自分しか知らない会話や行為を、現実に存在する人に知られていたというものが多いですが、精神疾患による幻聴や妄想の場合、天井裏に誰かが居て自分の会話を聞いているという根拠の無い話等が出てきます。なぜそう思うのか?と聞くと、そこに居るからとか、音がする、声がするからとか、証明できない根拠を持ちだしてきます。知人の探偵は、壁の中に盗聴している犯人が潜んでいると言われ、依頼人の許可を得て壁板をめくった事もあるそうです。正常な人であれば、そこまでして何も出てこなければ納得するのですが、病んでいる人はそうはいきません。我々も商売ですから、業務を行なえば料金を頂かなければなりません。しかし、正常な判断ができなくなっている方から何度も依頼を受けてお金を頂くのは、極端に言えば、法的にも許されない事となるでしょう・・・なので、幻聴や幻覚と思われるお話の場合、依頼はお断りしています。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

金銭トラブルのご相談

201340321 | : ■ブログ日記

ネットで知り合った女性にお金を貸したが、催促すると行方をくらまして消息不明になったので、女性の所在を調べてほしいというご相談がありました。数百万の貸金では、あげたお金として諦めるには高額ですね。しかし、このように、人からお金を借りて逃げてしまうような人から、お金を返してもらおうとしても、なかなか思うようには返ってこないものです。調査をしたら、女性はすぐに見つかりましたが、依頼者様はここからが大変です・・・
借金返済や損害賠償金の問題では、無い所からは取れないというのが現実です。きちんと働いて堅実な生活をしないから、人からお金を借りることになるのです。そのような借りたお金で生計を立てようとする者に、返済計画が立てられるわけがありません。お金の貸し借りは基本的にしないのが基本ですが、どうしても断れないのなら、あげても良い金額にしておくべきでしょう。さらに男女の関係だった場合、お金のやりとりが無いと関係が続かないような相手なら、自分も遊びと割り切るべきです。結婚を考えるような相手なら、金を要求してきた時点で絶縁するべきでしょう。当社ではこのような人探しの依頼の場合、費用対効果を考慮して、調査をしない事を勧める事もあります。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

誤解からのトラブルを無くすには

201330320 | : ■ブログ日記

世の中には、誤解をして、本来なら起るはずの無い紛争が起きてしまったという悲しい出来ごとにあふれています・・・
大きな事柄では、国家間の戦争の原因にもなったりしています。細かいところでは個人間の痴話喧嘩ってところでしょうか。
我々探偵は、夫婦や恋人の行動を捉える事によって、その真意を確かめるという依頼を受ける事があります。相手の態度から不穏な陰を感じて相談されてくるのですが、調査をしてみると、それが全くの勘違いによる誤解であり、真実が判明し、誤解が解けたおかげで、以前よりも親密になれたという結果を聞かされる事があります。このように、恋愛感情が先立つと、冷静な判断力が鈍り、とんでもない勘違いをしている事があります。なので、事実を判明させる事が大事です。誤解から取り返しのつかない事態に発展してしまう前に、調査をすることをおすすめします。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

次ページへ »