相談者の中には、ご高齢の方が含まれておりまして、相談の内容をお聞きしていると、完全な認知症と判断せざるを得ないものがございます。その一例をあげますと、70歳を過ぎた老人に対して2m近い大男がストーカー行為をしているというものもありましたし、普通に季節的に枯れた植木を隣人が枯らせたと言い張る方もおりました・・・
電話相談の時点で、一概に妄想と決めつけるわけにもいきませんので、出張面談を致したりするのですが、実際にお会いになると、会った瞬間に「これは・・・」となる事がございます。ご家族やご親族もいらっしゃるのに、どうして一人にしておくのか、はなはだ疑問であります。肉親や親族に相談すべき事を、赤の他人の探偵にしか相談できない状況にしてしまう老人の家族に対し、怒りをおぼえることもあります。高齢化社会の現実をまざまざと見せつけられる一瞬ですが、探偵にはやんわりと依頼をお断りすることしかできません・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社