2012207

Monthly Archive

自分での調査はほどほどに・・・

201220731 | : ■ブログ日記

浮気調査等で、自分で調査すれば料金は掛からないという思いから、探偵マニュアル等を見て調査をしてしまう人がいます。うまくいけば良いですが、失敗した時の事を考えればあまり得策ではありません。
失敗が続き対象者が警戒してしまったら、又は調査している事を悟られてしまったら、そこからプロの探偵に依頼しても良好な調査結果は得られません。調査の長期化や調査員の増員等料金が増すばかりです。なので、確かな調査結果を得ようとお考えであれば、最初から探偵社に相談される事をおすすめします。自分でやっても差し支えない調査、逆に前もってやって頂きたい調査は、対象者の生活サイクルのデータ取りです。月のうち、どれくらい怪しい日があるのか、何曜日に帰りが遅くなるか等のデータは、調査の日程を組む際、無駄な日を無くす為に大変有効です。また無防備に携帯電話が置いてあったりしたら中身を見ておくのも良いでしょう。しかし、見つかってしまう恐れがある場合はやめておきましょう・・・
あとはプロが得てくる証拠映像を待ちましょう!もし配偶者を許せなくて離婚を考え、浮気相手からも慰謝料を請求するのであれば、それに見合った調査のご提案、調査終了後の法律家のご紹介等も可能です。
ご相談をお待ちしております。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

今年も殺人級の熱波が・・・

201210730 | : ■ブログ日記

7月上旬は、梅雨寒のような涼しい時期があって、今年の夏は案外楽に過ごせるかな?と高を括っていたのは大間違いでした・・・
今年も例年同様に、殺人熱波がやってまいりました。熱中症による死亡者が出ているので、まさに熱波に殺されてるのと同じですね。
探偵業界の現場調査員は、車での尾行ならエアコンがあるので楽ですが、屋外で張り込む業務、いわゆる立ち張りをこの季節に長時間行なうのは、まさに自殺行為となります。対象者の動きに調査員も合わせないといけないので、ちょっと暑いから涼みにいってきますというわけにもいかず、交替要員は必ず必要になります。それも短時間で交替しないと危ないです・・・フリーの探偵さん達は、単独での現場調査が多いので、この季節は大変だろうと思いますね。探偵に限らず、屋外に出る必要がある仕事の方々は、くれぐれも暑さ対策には注意して、猛暑を乗り切りましょう!

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

モチベーション

201270729 | : ■ブログ日記

メジャーリーガーのイチロー選手が、ヤンキースに電撃トレードをしたのには誰もがびっくりしたと思います。理由については、マリナーズの若手の選手の活躍の場を自分が邪魔しないようにというような意味の事を発していたと記憶しています。しかし野球解説者が言っていましたが、モチベーションの保持が今の環境では難しくなってきたのが最大の理由ではないかとのことらしいです。あくまでも推測でしょうが、当たりかも知れませんね・・・実際に移籍後5試合連続ヒットを記録していますし、優勝争いをしているヤンキースでの重責を自覚する事により、モチベーションが再起動したのではないかと思われます。どうやっても勝てず、最下位争いをしているようなチームでは、自分の記録だけが意欲になっていたのではないか。そして200本安打の世界記録を達成してしまった後は燃え尽きてしまった・・・確かに年齢的には引退してもおかしくない年齢です。とっくに峠は越しているでしょう。それでもモチベーションさえ復活すれば、並の選手よりは良い成績を出してくれそうな気がする男がイチローだと思います。イチローの再チャレンジを見本にし、我々探偵稼業も頑張らねばと思うこの頃です・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

債務者の行方調査

201260728 | : ■ブログ日記

借金トラブルによる行方調査のご相談が後を絶ちません。私の私見としていつも思う事なのですが、人にお金を貸す時は戻ってこないものと考えるべきではないでしょうか?そうではなく、返してもらわないと困るお金であれば、きちんとした借用書を書いてもらい、さらには連帯保証人も付けてもらうべきでしょう。この際、連帯保証人の年齢や住所、職業等の下調べをしておかないと、形だけの連帯保証になってしまい、もしもの時になんの効力もないものになってしまいます。無職の老人でアパート暮らしの人からは強制執行をしてもなにもとれません。なので、きちんとした職を持ち、まだ定年まで年数があり、不動産等も持っている人を保証人にすべきです。親しい間柄だからといって、こういった手続きを省くのであれば、貸した金ではなくあげたお金として考えるべきだと思います。行方調査を行なって、対象者を見つけてもお金が戻ってきたという結果は私の回りでは聞いたことがありません。債務者に逃げられてから探しても調査費が余計に掛かるだけですので、理想はお金を貸す前に調査をし、相手の言っている事が真実かどうか確かめることをおすすめします。しかし中々これが出来ないものなのでしょう・・・逃げられた後の行方調査は、費用対効果をよく考えてご検討ください。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

ストーカー対策

201250727 | : ■ブログ日記

当社ではストーカー対策の業務も行なっております。最近のストーカー被害の相談は、ネットで知り合った者からつきまとい行為をされているというものが多く、ここ数年で急成長した携帯ゲームサイトのSNS等が背景にあるようです。ネット上で仲良くなった人に、不用意に個人情報を教えてしまった為に、現実社会での住居や職場、学校等に前触れ無く相手が現れ、びっくりして拒絶しても時既に遅く、相手はストーカーと化しているというのが多い例のようです。最近では、ネットで得た微々たる個人情報を元に、我々探偵社に相手の身の上を調べてほしいという、ストーカー本人からの相談もあり、調査会社としても困惑している所です。ストーカーは犯罪ですから、犯罪者の手助けをする行為を請け負うわけにはいきません。なので、正当な理由が無い場合は依頼をお断りしています。せっかく世の中が個人情報の保護という事で、情報の制限をしている中、自分自身で見た事も無いネット上の人に自分の個人情報を教えてしまうのは、あまりにも浅はかな行為と言えます。防犯は自分自身が気をつける所から始める事をおすすめします。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

年齢の壁

201220724 | : ■ブログ日記

青少年保護条例というものがあります。18歳未満の少年少女を健全に育成させる目的に施工されたものです。この条例は、各自治体で微妙に呼び方と内容が違いますが、大枠ではほぼ同じ内容で、遊技場への出入りの制限や、深夜の外出禁止、猥褻行為の禁止等が規定されています。しかし、この条例は18歳未満という年齢で線引きされており、たとえ高校に在学中であっても、18歳に達していると当てはまらないものになります。ここで年齢の壁による問題が生じます。当社へは毎年夏休みの季節になると、未成年者の家出や深夜の外出、得体の知れない異性との交際問題等の相談が寄せられますが、18歳以上になると保護条例から外れますので、女子高生を連れ回している男がいたとしても法的に対処することができず、結局は当事者の家族での話し合いしか解決策はありません。
18歳は高校を卒業する年齢ですが、生まれた月によっては1年近く高校生を続けなくてはならず、保護条例にあたらない年齢だからといって、好きにさせるわけにはいかないのが現実です。法律や条例は年齢を基準にする事が多いようですが、この条例については高校生在学中という縛りも付けた方が良かったのではないかと思います。中卒の人も存在しますから中々難しい面もあるとは思いますが、高校三年生の娘さんを持つ親御さんの切羽詰まったご相談を受ける度に、この条例について考えさせられてしまいます・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

プロの仕事は・・・

201210723 | : ■ブログ日記

頼んだ探偵社で望んだ結果を出してもらえずに当社へ相談されてくる方がいらっしゃいます。お話をお聞きしますと、信じられないような調査報告をしている探偵社がいるものだと、プロの同業者として落胆しますね・・・
対象者と間違って、全く違う人を一日中尾行していたとか、後姿しか撮影しておらず、対象者と識別する事ができない映像だったり、対象者が浮気相手と別れた後に、対象者を尾行して帰宅するまでを撮影していて、肝心な浮気相手を尾行しなかったとか、どれだけ素人なのだ?とびっくりするやらあきれるやらで、全く持って理解不能です・・・
しかも大手と呼ばれるところの仕事ですと、こんな素人仕事でも法外な料金を取られていたりします。探偵社選びは難しいですが、当社ホームページには失敗しない探偵社選びの要点が、トップページの下部に掲載されております。ぜひご参考にされてみて下さい。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

人の心理は謎だらけ・・・

201260721 | : ■ブログ日記

去年の浮気調査の事後処理をお願いした法律家の先生から、浮気相手への賠償の手続きが完了したとの報告を受け、円満に解決したことを当社としても喜ばしく感じています。その手続きの過程で、慰謝料を請求した浮気相手の男性に、不倫をし続けた動機を確認した際、思い掛けない返答をされたとのことで詳しくお聞きしますと、浮気相手の男性は、なぜ人妻と不倫したのか、理由はあるが説明しても理解してもらえないと言うらしいのです。好きになったのかと聞くと、好きどころか嫌いと言ってもいい位だと言うし、主導権も人妻のほうだったと言うし、客観的に分析すると、自分の正直な意識とは別に、人妻の意思のままに操られていたという事になりますが、人の気持ちなので正確な分析は中々難しいものです。何より本人が説明しきれない複雑な心境と言っている位ですから・・・
ただ、罪の意識はあったようで、無駄な抵抗をすることも無く、当社で撮影した不倫の証拠映像を見たとたんすぐに降伏し、賠償にも素直に応じたそうです。
魔がさすという言葉がありますが、まさに魔に操られた人のなれの果てを見た気がします。人は弱いものですから、心に隙があると、このような高い代償が待っているという見本のような案件でした・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

同業者からの電話相談?・・・

201240719 | : ■ブログ日記

昔からあることですが、時々同業者からの相談と思う電話が入ります。一般の相談者のふりをして電話相談をしてくるのですが、聞いてくる内容が調査方法の質問ばかりで、それも事細かに聞いて来るので明らかに普通の相談者ではなく同業者からのものと分かります。商売敵の様子を探りたいのかもしれませんし、素人が探偵を名乗りはしたが調査方法が分からないので、あわよくば教えてもらえたらという考えがある者もいるでしょう。新米とは言え、これから探偵をやっていこうとしているのであれば協力し合える事もあるだろうし、普通に訪ねてくればいいものを、相談者を装って、しかもフリーダイヤルで問い合わせしてくるのはなんとも不愉快ですね。このような調査法も知らない素人が次々に探偵社を立ち上げているようですが、このような所に依頼すると時間は掛かるし、費用も高くなるし、結果も出ない、ろくでもない報告書を渡されると、散々な目に遭います。経験年数は探偵を選ぶ大事な基準です。素人探偵に依頼してしまわないように注意しましょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

嘘泣きまでして・・・

201230718 | : ■ブログ日記

昨日のニュースで、いじめ自殺問題の学校側に付いている弁護士が、代理で取材を受けていたようですが、今頃になって自殺した被害者を憐れむようなコメントを、涙など出てもいないのに涙ながらに発している姿には、全国の視聴者は殺意すら感じたのではないでしょうか?これまでは、いじめがあったという事実を証明したいのなら、いつ、どこで、誰が、何をしたのか細かく証拠を出してみろというようなコメントを被害者側に言っていたくせに、自分達に正当性が無い事を世論から突きつけられると、手の平を返したように嘘泣きの演技までして、今後自分達に及んでくると想定される逆境を少しでも軽減しようとする、あのあさましさ・・・ヘラヘラ笑いながら会見をしていた校長といい、この弁護士といい、こいつらどういう環境で育ってきたんだと言いたい人は多いと思います。そして、社会的地位が高いはずの学校長や弁護士が子供の言い訳のような言い逃れを言い続けてきたという異常事態に、これは現実なのか?と思った人は多数いるのではないかと思います。今回は他の生徒の証言という証拠がありますが、やはり物的証拠というのがいかに大事か、探偵として再認識させられる一件でした。
最近はコンパクトなカメラやICレコーダーが市販で売っている時代です。卑劣な犯罪者に言い逃れをさせない為に、録音や録画が可能であれば、個人でもしておくべきでしょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

次ページへ »