過日、あるクライアントからの相談で、自分が調査をされている気配がするので、探偵の有無を調査して欲しいという案件がありました。嫉妬深い恋人がいるらしく、自分の行動を監視しているような気がするというのです。探偵を見つけるのは簡単です。クライアントの行動調査をする気になって、絶好の張り込み位置を探してみれば良いのですから・・・又発信機の類が付けられている可能性があるので、それもプロならどこに設置するかお見通しなので、見つけるのは簡単です。この案件では、実際に探偵が調査はしていませんでした。
しかしクライアントの恋人が知人を使い、不定期に後を付けたり、車や家に発信機を付けたりしていました。発信機の取付位置がおそまつ、又発信機自体が素人でも購入できるものであった為、素人の仕業だとすぐに分かりました。追加の調査で、探偵ごっこをしている者を突きとめてほしいとの依頼を受けまして、逆に尾行したところ、恋人の知人と思われる男と判明。住居の不法侵入と無断で発信機を設置した行為、探偵業務を無許可で行なった探偵業法違反が違法行為とみなされるので、被害届を出す事も出来ますとお伝え致しました。本物の探偵の仕事はここまでですので、その後クライアントがどうされたかは定かではありませんが、素人の探偵ゴッコは違法行為のオンパレードとなりますので、興味本位でやってしまうと大変な事になる可能性があります。気を付けて頂きたいと思いますね・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社