久しぶりに調査対象者から尾行を撒こうとする行動をされました。
起点となるターゲットの家から、ターゲットが車で一般道に出た瞬間から猛スピードで走りだされ、それに追いつく為には猛追するしかありません・・・
追跡不可能となればそれでいいし、追跡続行してくれば、グングン迫ってくる車は尾行している車だと分かるというこのやり方。家を出た瞬間からという念の入れようは、調査されている事を確信していると思われました。
さらには、駐車場に停めてそこで不倫相手と会うのではなく、一旦徒歩で細い路地を歩き、途中で車で拾ってもらうという高等な逃げ技まで使われました・・・こちらは車を置いて歩いて尾行しても、ターゲットに途中で不倫相手の車に乗られたらそこで終わりです。路地の出口に車で迂回して向かっても、それよりも早く不倫相手が乗せて行ってしまう・・・
どこで知ったのか、自分たちでじっくり考えた作戦なのか分かりませんが、このような尾行を回避するような行動を取るようなターゲットの調査は、非常に困難です。今回のケースでは、既に数回分の不倫の証拠が挙がっているので、これ以上の調査は必要は無く、ターゲットが尾行を撒いてまで不倫をしたいという心情がわかったので、今後の対応の糧となるものになりました。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社