2011311

Monthly Archive

柔道金メダリストがセクハラで解雇・・・

201131130 | : ■ブログ日記

大学の女子柔道部のコーチを務めていた男子柔道の金メダリストが、女子部員に対しセクハラ行為をしていたとして、懲戒解雇となったようです・・・
金メダルを取った人だからどうこうと言うわけではありませんが、スポーツのコーチとはいえ、指導者という立場の者が、教え子に対してセクハラ行為をはたらくとは、言語道断ですね。ましてや、礼節を重んじる武道である柔道の実践者が、ワイセツな行為を行い、所属している勤務先を解雇されるとは、社会的な影響も大きいと思います。スポーツの成功者が人格までも頂点に達しているわけではないことはわかりますが、犯罪行為をはたらくかどうかは、誰もがいけないこととして認識し、無意識のうちに制御して生活しているのですから・・・
日本の代表者として、オリンピックで活躍していたのを応援していた一人としては、とても残念な出来事であり、彼の今後を考えると、とても憐れに思えます。探偵をしていると、犯罪歴のある人と遭遇する事もあり、話を聞いたりしていると、性犯罪を犯した者の扱いは、一般社会以上に刑務所では酷いものだそうです。犯罪者の集まりである刑務所ですら、ワイセツな犯罪は毛嫌いされるようですね・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

探偵にも得手不得手がある・・・

201121129 | : ■ブログ日記

探偵社が行う業務は、一般的に浮気調査等の人物の行動調査が多いです。次に身上調査や人探し等が続いていきますが、行動調査が苦手という探偵はまずいないと思いますが、人物について掘り下げてデータを集める調査については、苦手意識をもっている探偵も多いですね。大手さんなら、それぞれの業務にベテランがいるでしょうから、適材適所で配置すればいいでしょうが、小規模な探偵事務所ではそうはいきません。なので、業務を限定して特化している探偵事務所もあるくらいです。まぁ横のつながりがある所は、苦手な業務は外注に回すという手もあるでしょうけど・・・大手の調査員あがりで、仕事は尾行調査がほとんどだった人は、内偵等の聞き込み業務とかが苦手だったりすることが多いですね。大手を辞めて独立したら、ひたすら陰に隠れて撮影していれば良かった業務から、全ての業務をやらなくてはならなくなり、探偵としての話術等がいかに重要なのかをあらためて知る事が多いようです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

大阪市長・府知事のダブル選

201111128 | : ■ブログ日記

地域政党「大阪維新の会」が、ダブル選を圧勝で制したようです。
既得権益を持つ者は、古い体質の自民党や民主党の古参と結託しているので、反橋下に回り、公務員達も今までのゆるい体質を維持していたい為に、抵抗勢力として現職を支持したようです。
一般有権者は、古い体質を改善してもらおうと維新の会を支持し、その数は古い体制を維持しようとした者よりもずっと多かったようです。どう考えてもおかしな仕組み、体質、無駄な税金を使用している行政に対し、それを改善しようとしている者に投票しようと思うのは当然の感覚だと思います。国政においても、民主が圧勝した衆院選挙の時も、そういう期待の元に民主に投票した人が多かったわけですが、ヤルヤル詐欺のように公約違反のオンパレードでした・・・橋下さんの維新の会には、そうならないように期待します。現代の政治家としては若い橋下さんですが、明治維新の主要人物たちは、30代前後の若い坂本竜馬達でしたので、そう考えれば決して若くはないでしょう。70歳80歳の老人が、鈍ってきた頭でやっている政治なんて、何も新しい事等できるはずがありません。
大阪から始まり、全国へ良いエネルギーが循環するような政治を、維新の会には期待してしまいます・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

不倫の冤罪はいたたまれない・・・

201171127 | : ■ブログ日記

勘違いなのか、妄想なのか、以前に不倫歴があるからなのか、愛情が強すぎて被害妄想になっているのか、その原因を追及した事がないのでわかりませんが、浮気調査をしてほしいと依頼を受け、調査をしてみると、浮気の事実は全く無いというケースが結構あります。人それぞれ生活が全く違いますから、浮気はしていなくても自堕落な生活をしている人もいれば、一生懸命に仕事をして、夜遅くに家に帰る人もいます。見ていて気の毒だなぁと思うのは、真面目に生活しているのに浮気を疑われて、我々探偵に撮影されている人の場合です・・・
力仕事等の場合、夏なら汗まみれ、泥まみれになって夕方まで働いている姿を、1時間おきに撮影して、現場から家に帰った所を見届けると、こちらも精神的にぐったりしますね。そして、その調査結果を正確に資料と共に報告されたら、普通は喜ばしい気持ちになるはずですが、それでも信じられないという人がいます。
こういう場合、調査対象者もいたたまれないですねぇ・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

尾行、張り込みはトイレは我慢・・・

201161126 | : ■ブログ日記

探偵の困り事に、トイレの問題があります・・・
現場調査員が調査を開始したら、一時も目を離せないという状況が延々と続く事はしょっちゅうで、この時にトイレに行きたくなったりしたら、調査が台無しになってしまう可能性が高いので、我慢するしかありません。
しかし、トイレの我慢にも限界があるので、トイレ自体、行きたくならないように、水分を制限したり、絶食したりする場合もあります。人間、一日位食べなくても死にはせず、調査が終わってからゆっくりと食事をすればよいという考えが当社のやり方です。若い頃に二人組で張り込みをしていた時、昼飯に脂っこいものをガツガツ食べていた相棒は、案の定大便をもよおしてきて、我慢できずに私を置いて車で公衆便所へ向かいました。しょうがないので、立ち張りしてしのぎましたが、この時から調査前、調査中の飲食には注意するようになりました。
特に最近は調査料金の低減を求めるクライアントが多いので、一名の現場調査が増えており、ますますトイレ事情には気を付けないといけなくなっています・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

不倫相手の出会いは身近に・・・

201151125 | : ■ブログ日記

配偶者が、誰と浮気しているかもわからないケースがあります。こういう場合は、まず浮気相手の特定から始まります。浮気相手と出会っている所の撮影をし、浮気相手の人物が特定できる鮮明な画像の取得をまずしなければなりません。乗っている車や居住地や職場まで判明するケースもありますが、初日で全部わかってしまうのは、マレですね。単日ごとの調査契約をされる場合、その都度判明した資料をクライアントに提出するのですが、写真を見せた瞬間、顔がくもり、みるみる紅潮してくるケースがあります・・・
こういう場合、身近な者が浮気相手だったと知った瞬間の反応が多いです。不倫は異性と出会えなければできません。なので、案外いつも接触している者が浮気相手だったというケースが多いのです。しかし、自分の友人や、ご近所さん、後輩、はたまた親族が配偶者の浮気相手だったなんて知った時の心情は、どれほどショックか・・・
不倫自体いけない事ですが、こういうクライアントの反応を見ると、いつも身近な者との不倫はやめてもらいたいと思いますね・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

立川談志さんが世を去る・・・

201141124 | : ■ブログ日記

落語界の異端児、談志師匠がお亡くなりになられました・・・
彼の、世の中の小さい枠に囚われない主義主張は、多くの著名人に親しまれ、愛されてきました。
世間で上手に生きようとする、周りに合わせた生き方を是とする人間達には、到底受け入れられない人だったかも知れません。
しかし、人に嫌われる事を怖がり、言いたい事も言えずに、八方美人の人間だらけだったら、この世は恐ろしく気色悪い世界にしかならないような気がします。
彼のような異端、異色の人が、この世から去っていく事はとても悲しく、残念に思います。
探偵も、世の中では異端の存在と言えるでしょう・・・なのでとても共感を得られる存在だった談志師匠・・・
ご冥福をお祈り致します。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

おしゃべりは探偵に向かないか?

201131123 | : ■ブログ日記

おしゃべりな人は、この世にいっぱい居ますね。有名人で言えば、さんまさんなんかは、天然のおしゃべり人間だと思われます。彼の場合は、仕事だけでなく私生活でもあの調子で喋りまくっているそうですから・・・
さて、探偵はお喋りな人間には不向きか?という問題がありますが、これには条件があると思います。探偵は身分を変えて色々な役を演じなければならない内偵調査をする場合がありますが、このような調査で、無口だったら調査になりません・・・設定した身分を演じ切り、おしゃべりとは言わないまでも、相手を飽きさせないコミュニケーションを取りながら情報を聞き出すので、話が続かないような無口な人では仕事になりません・・・
しかし、探偵には守秘義務があります。こういう依頼者や対象者の個人的なデータを第三者に喋ってしまったり、調査中に不審者に間違われて、調査中ですと素直に喋ってしまうような口の軽い人間では、探偵失格でしょう・・・
なので、「お喋りも出来るが口の堅い人」が適していると言えるでしょうね。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

嫌な事を忘れる意外な方法

201121122 | : ■ブログ日記

人間は憶えたい事は中々憶えられず、嫌な出来事はいつまでも憶えているものです・・・
心理学の研究者によると、人間は同じ出来事の中身はどうでもよくなってしまう習性があるようで、例えば毎日行う食事の内容について、事細かに憶えている人はあまりいないですね。又は同じ人と100回もデートしていたら、最初の頃はどんなデートをしたか憶えていますが、100回目に近くなるとあまりその内容を憶えていなくなるものです。このメカニズムを応用して、嫌な事をたくさんの数にしてしまう事で忘れる事ができるらしいのです。それは嫌な事を書くこと!嫌な事には、色々な出来ごとがありますが、「嫌な事」というタイトルにして、嫌な事でこういう事があったという内容の文章を書きだすのです。そうすると、嫌な事が増えれば増えるだけ、その中身を具体的に思い出せなくなるというもの・・・まぁ理屈はそうなのでしょうが、探偵に依頼されてくる方の多くは、配偶者の不倫に悩んでいる人達です。夫(妻)の浮気というタイトルで、浮気される度にそれを書きだしたとしても、はたして記憶が薄れるのかどうか?とても疑問ですね・・・逆に怨念がつのるのではないでしょうかね。
配偶者の浮気を忘れるのには、あまり使えない方法のような気がします・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

子供を虐待する親・・・なぜそんなことをするのか?

201171120 | : ■ブログ日記

ニュースを見ていると、親から虐待を受けて重症を負ったり、死んでしまったりしている児童が多数いることに、驚愕を覚えます・・・
最近では実の子供を虐待している親が多く、血がつながっている自分の分身をよくも拷問できるなと、全く理解不能です。体力的に抵抗することもできず、経済的にも親にすがって生きるしかない、保護されるべき小さな子供に理不尽な暴力を振るう親には、それ以上の拷問刑を与えるべきではないでしょうか?とても懲役等では許しがたいと感じます。
虐待されている時の子供の気持ちは、正にこの世の地獄だったに違いありません・・・いや、地獄の鬼でも、自分の子供を虐めたりはしないでしょう!探偵をしていると、DVの被害者に接する事もよくありますが、唯一の心身ともに安息を得られるはずの家庭が、地獄と化していると聞くと、なんとも言えない、陰鬱な気持ちになりますね・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

次ページへ »