探偵の定義というのがどういうものなのか、詳しく調べた事はありませんが、業法が出来た現在では、依頼を受けて調査をすることを生業とする者となるのではないでしょうか?しかし、これまでの探偵のイメージは事件の推理をする者という認識が定着しているのではないでしょうか?明智小五郎や金田一耕助、外国ではシャーロックホームズや名探偵ポアロという名前が探偵の代名詞ですが、どれもこれも必ずといって、警察と一緒に又は突発的におきた事件に居合わせ、推理して犯人を割り出す話になります・・・どうして探偵と言えば推理なのでしょうか?確かに色々推理しながら調査はしていきます。あらゆる事を想定、仮定して人探しをしたり、事実を突きとめたりするのは確かですが、それと探偵=推理というのはどうかと思いますね。小説家が勝手に作り上げた探偵像というのが現実でしょう。アメリカ等ではライセンス制になっており、認知された業界のようです。日本でも早くそのようになってほしいものです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社