先日、取引先から紹介されたクライアントに、さんざんな目に遭わされました・・・浮気調査なのですが、50歳過ぎの旦那さん、パンチパーマで常に作業服を着ている中年のオヤジです。浮気相手は20代半ばの女性だそうです。小遣いをあげながらの付き合いだと言うので、そういうのもアリなのかな?と思いながら契約しました。すると、どんどんと、おかしな注文が出てくるのです。日中に旦那さんが仕事場から抜けて、1時間から2時間どっかに行くから、その時に会っている。旦那はゆっくりそういう事をしていられる性質じゃないから、早くパッパと済ませるので、その時を狙って撮影してくれと言うのです。それは性行為が早い人だと言っているのか?と思いましたが、別に聞きもしませんでした。そしていくら尾行しても張り込んでも女性のじょの字も出てきません!事実しか報告できませんので、電話でそう言うと、そんな訳がないの1点張り!しかも報告書も受け取らず、残金も払わずに、逃げています・・・きちんと契約書を取り交わしているし、報告書が業務を遂行した証拠なので、どうしても支払わないのであれば、裁判所に訴訟を起こすしかありませんが、彼女が言っていた事が全て妄想だったとしたらと思うと、なにかゾッとします。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社