大手・中堅の探偵社となると、スタッフは分業体制になっているでしょう。それはそれでどの分野の企業でもある程度の大きさになれば、当たり前の事です。しかし、探偵社はどうなのかな?といつも思います。相談員と言う名の営業さんが仕事を取ってくるのは当たり前です。しかしその後は現場に任せるべきではないでしょうか?現場の調査は一瞬の差でチャンスを逃してしまうものです。依頼者と現場の調査員がターゲットの現在をリアルタイムで情報を相互提供すれば、よりよい調査結果が出るはずです。これをしない探偵社がいるのは何故か?理由は様々ですが、報告書を作成する前に、調査員に結果を言われてしまうと、追加の契約とかが取れなくなるからが最大の理由でしょう。しかし、こんなこと許される事でしょうか?以前、外注を頼まれた時に、機器の設置をする場合は依頼者の協力をお願いしたいと元請けに言ったら、「それはできない、調査はそちらで勝手にやってくれ」という返事でした。家屋に不法侵入し、勝手に機器を取り付けろ!トラブルになったら全部そっち持ちだと言っているようなものです。事実契約書にも全て下請けが責任を取らされるという文面がありました・・・なので、そんな仕事はお断りしました。こんなところがタウンページにデカデカと広告を出している大手探偵社だというのが実態なのです。小さいながらも真面目にやってる探偵事務所はいくらでもあります。そういうところを選びましょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社