2011607

Monthly Archive

調査用車両

201160730 | : ■ブログ日記

当社では、調査用の車両はワゴンかSUVを使用しています。以前にも書きましたが、それは荷物をたくさん積めるのもありますが、後部座席をフラットにしてベット代わりにして寝れるからです。しかし車によっては、後部座席を前方に倒してもトランクと同じ高さにならず、デコボコしていて非常に寝ずらい車もあります。最近発売になったホンダから出されたフィットシャトルというハイブリッドワゴンが、とてもいい感じです。燃費、馬力に加え、とてもスタイリッシュに仕上がっており、トランクと後部座席もフラットにできて、まさにパーフェクト!プリウスのワゴンもいいのですが、トランクがフラットにならないので、却下となりました。しかも納車が1年後なんてそんなに待てません・・・ フィットシャトル、これはいいです!

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

伊良部秀輝元投手、亡くなる

201150729 | : ■ブログ日記

剛速球という言葉があるとすれば、伊良部選手の投げた球だといいたい位の凄い投手でしたが、カリフォルニア州の自宅で首を吊って自殺しているのが発見されたそうです。自殺の動機や原因等はまだ報道されていませんが、42歳という年齢、確かに厄年前後ではありますが、自分から命を絶つとは・・・
マスコミやヤジを飛ばす観客に悪態をついていたあのふてぶてしさはどうしてしまったのか?引退した後の第二の人生に、自殺を思い付かせる何かがあったのだろうと思いますが・・・残念です。
ご冥福をお祈りいたします。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

ある探偵のボヤキ

201150729 | : ■ブログ日記

知り合いの探偵さんが、面白い調査をしてきたというので、話を聞きましたら、一人暮らしをしているニートの素行調査をしてきたというのです。ニートっていうのは、職を持たずに親と同居している引き籠りじゃないの?と聞いたら、同居はせずに親からの仕送りでアパートに一人暮らしをしている形態のニートで、アパートに引き籠っているとのこと・・・過保護な親が、どんな生活をしているのか調査してほしいという依頼だったそうです。しかし引き籠りの行動調査ほど動きの無いものはないそうで、三日間の調査で、玄関が開いたのが1回だけという凄まじく変化の無い調査だったとボヤいていました。仕事ですから動きがあろうと無かろうと、ずっと張り込むのは仕方が無いのですが、それにしたってこれでは調査員も飽きるでしょうね。報告書だって、対象者に動きなしばっかりになるでしょうし・・・ それにしてもこの話、別の角度から考えると、こんなに子供を甘やかしている親が存在しているんだなぁと、あきれてしまいました・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

七つ道具

201140728 | : ■ブログ日記

どんな仕事にも7つ道具と呼ばれる、特に使用頻度の高い道具があります。もちろん探偵にもありますし、探偵の代名詞かもしれません。しかし、一般の方が思っているほどの特殊な機器は使用しないものです。時計型だったりメガネ型だったりの隠しカメラとか、ライターサイズの超小型カメラだとか、スパイ映画に出てくるようなものはあまり使用しません。なによりそういう類のカメラは画素数が低く映りが悪いし、撮影時間も短いのです。こういう機器はたまに使用しますが、直接ターゲットに接近するような場合や、どうしても普通のビデオカメラやデジカメを使用できない時だけ使う程度です。よそは知りませんが、当社の場合は・単眼鏡・ICレコーダー・三脚・ICカード式乗車券・カーインバーター・ポータブルカーナビ・そして夜間撮影に強いビデオカメラやデジカメ等のカメラ類、これらが7つ道具です。単眼鏡以外は誰でも持っているようなものばかりです。現実はこんなものなのです。
もちろん盗聴器発見の時は、特殊な受信機等を使用しますが、仕事の大半をしめる尾行調査には、上記の道具で充分なのです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

早死に

201130727 | : ■ブログ日記

自民党の森元総理の息子さんが亡くなったそうです。46歳でした。内臓疾患が原因とのことです。
テレビや週刊誌で、その姿を何度か拝見しましたが、父親と同じく恰幅の良い肥満した体型だったように見受けました。アルコールも大量に飲まれていたようですし、不摂生がたたったのでしょう・・・46年の人生が早いのかどうかは、人の価値観によりますが、現代の医学なら生活習慣をきちんとしていれば60歳以上は元気に暮らせるのではないでしょうか?探偵も調査が始まれば絶食したり、水分も取らず、わずかな睡眠で体を酷使する事が多い仕事です。人生の長さは人によって価値観が違うとは思いますが、元気に活動できる時間が長いほうが良いと考える人の方が多いのではないでしょうか?不摂生をして病気になった方が、なりたくて不摂生をしていたわけではないのでしょうが・・・ ご冥福をお祈りいたします。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

今年の夏は

201130727 | : ■ブログ日記

去年の猛暑には本当にまいりました・・・ 今年も梅雨明けからの熱波には、毎年これか・・・と覚悟を決めましたが、大陸からの寒波や台風の影響で、7月後半はそれほどでもない日が続いています。今日も曇りで蒸し暑いですが、チリチリするような太陽光線が無いのでまだましです。今後どうなるかわかりませんが、節電の協力をされている現在、少しでも涼しい日が続く事を願いますね・・・大地震の影響か、4月5月の相談電話が激減していました。ですが、逆に6月以降のお客様がその分増えたような気がします。あと2カ月程度の夏場ですが、真実を求めるご依頼者様の為、調査員は全力で頑張ることでしょう!

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

調査スタッフの数

201120726 | : ■ブログ日記

ハイテク機器の発達で、尾行調査の調査員の人数が減らせるようになったのはいいのですが、それでも限界はあります。しかし、昨今の不景気にも影響され、調査はしてほしいが料金は押さえてほしいという依頼が多いので、ここに問題が出ます。ターゲットが出てくる所が見えるとこに張り込めれば単独でもいいのですが、そうでなければ、ターゲットがどちらに移動してもいいように予測して、左右どちらの曲がり角にも調査員を張り込ませておくのが基本です。しかしなんとか一人分の費用を減らしてほしいという話が多く、困っています。でっ、やはりハイテク機器の登場です。昔は発信機で音をひろっていたのですが、今は映像まで飛ばせる小さな機器が出回りだしています。これをターゲットの出てくる場所が見えるとこに仕掛け、電波が届く所でその映像を見ているというわけです。機械の進歩でバッテリーの持ちも良くなり、これでなんとかしのいでいますが、通りすがりの人や近所の人に「これなんだ?」と持ち去られないか心配です・・・何万もする道具を使い捨てにはできませんからね・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

第一発見者

201110725 | : ■ブログ日記

犯罪現場の第一発見者というのは、えてして実は真犯人だったということが多いです。今朝のニュースでも妻と子供が変死していた事件の第一発見者である夫が、実は自分が殺した犯人だという供述をし始め、逮捕されたそうです。こういう現実をみると、人探しの依頼を受けて、探し当てた時にその人が変死していたなんて事になったら、第一発見者の探偵が疑られるのか?等と考えてしまいます。まぁしかし、依頼者と契約書を結んでおりますし、動機が無い等、犯人扱いされる事は無いでしょうが、犯人探しを面倒くさがる警察が無理やりこじつけて犯人に仕立てあげられてしまうなんてこともあるかな?なんて深読みしてしまいます。こないだもDNA鑑定で真犯人は別にいるかもというニュースが出たばかりですから・・・まぁただの杞憂なんですが、仕事であらゆるケースを想定する癖がついていると、こんなことも考えてしまうんですねぇ・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

調査を見に来てしまう依頼者

201160723 | : ■ブログ日記

当社ではないのですが、先日同業者の探偵さんとお話をしていた時に、調査の現場に依頼者が来てしまって困ったという案件があったそうです。調査の実況をしてほしいという条件の依頼だったようで、調査員がメールにて現場の状況を連絡していたら、依頼者が現場に来てしまい、調査が発覚してしまったそうです。せっかく捉える事ができたはずの証拠の映像が取れずに、対象者からはとぼけられて、全てがパーになってしまったとのこと。
浮気されている依頼者にしてみれば、怒りと憎悪の念は計りしれませんが、そこはぐっと堪えて、現場の調査員に任せてしまうことが大事ですね。私も常々、ご契約の時にはご依頼者様も調査ミッションの一員として、ご協力をして頂きたいと申しております。何事も、事を成すには辛抱が大事ですね!

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

盗聴器発見業務

201150722 | : ■ブログ日記

お客様で、どうも盗聴器が仕掛けられているので、車を見てほしいという相談がありました。
前に別の探偵社に頼んで、仕掛けられてないという結果だったそうですが、どうしても車の内部で会話を知っている人間がいるので、間違いなくあるはずというのです。んっ?これはもしやあっち系の人?と一瞬思ったのですが、その時の調査方法を聞いて納得しました。お店やネットで買える盗聴器は周波数が限定されていて、見つけようとすれば、すぐに見つけられます。しかし、この周波数をいじって見つけづらくする技術を持った人がたまにいて、盗聴器の周波数だけを調べたのでは、みつからない場合があるのです。前の探偵さんは恐らくそうだったのでしょう・・・なので周波数を最初からずっと追っていってみました。すると、やはり市販の物の周波数じゃない盗聴器が仕掛けられており、しかも車から電源を取れる永久的に仕掛けとけるものでした。二つも仕掛けられておりその執拗さがうかがえます。依頼者は犯人は分かっているので、取り外すだけで良いとのことなので、それ以上はお聞きしませんでした。しかしまぁ、やっつけ仕事をする探偵なのか、素人探偵だったのか、お粗末な仕事をする同業者がいるものだと思った一件でした・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

次ページへ »