寒暖の差・・・

Posted by on 2019.11.20. (水) | Tagged as: ■ブログ日記

探偵は、調査時の服装にはとても気を付けます。
特に気を付けるのは、目立たないような服装じゃなければいけないということ・・・
地味な、どこにでも居そうな恰好でなければいけません。
また、冬から春、秋から冬の季節の変わり目では、日中と夕方から夜にかけての寒暖の差が激しいので、夜用の防寒着が必要となります。
地方の探偵は車での尾行や張り込みが主なので、着替えを積んでおくことができますので、それほど問題ではありませんが
車を置いて張り込みをした時に、最初から長丁場と予想出来れば、持ってきた防寒着を、早く終わると予想して持って行かなかったときは
寒さで痺れたことがあります・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

怖い夜の張り込み・・・

Posted by on 2019.11.19. (火) | Tagged as: ■ブログ日記

深夜の張り込みは、探偵の業務では当たり前のものです。
最近の深夜は、地方でも、外人がウロウロいていて、とても物騒です。
張り込み場所の選定は色々であり、その現場によって変わりますが、誰でも入れる公共性のある所が無難です。
調査対象者の家の近くに神社があり、そこの駐車場から監視できるのであれば、また、その神社の敷地に24時間入って良いのであれば、張り込み場所としては最適です。
ただ、前述したように、最近増えている外国人がたむろしたりしたら、そこは調査員にとってとても危険な場所になる可能性があります・・・
日本人とは文化や常識、感性が違う外人とは、モラルや善悪の基準が異なるので、性善説などは通用しません。
なので、外人がウロウロしている場所は張り込み場所として成立しません。
これは探偵だけの問題ではないので、一般の方たちも、夜間に外人が集まっているような場所には近寄らないのが無難です。
自分の身を守る事を第一に考えましょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

家の新築やマンションの購入には気を付けましょう・・・

Posted by on 2019.11.18. (月) | Tagged as: ■ブログ日記

ここ数年で増えているのが、あくまでも当社比なのですが
家を新築したり、マンションを購入した直後に、お嫁さんに離婚を切り出され、調査をしてみたら不倫していたという案件です。
単純に不倫されただけでもダメージがあるのに、数千万円の家のローンが残っている状態で、いきなり離婚しましょうと言われたら、頭が真っ白になるのではないでしょうか?
探偵はあまり個人の主観を表さないものですが、これはさすがに気の毒としか言いようがありません・・・
これからは、高額なローンを組むような財産を得る前に、配偶者の浮気調査をしておくという選択肢も考えなくてはならなくなるかもしれませんね・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

DV被害者の捜索は出来ません・・・

Posted by on 2019.11.13. (水) | Tagged as: ■ブログ日記

配偶者からの暴力、つまりDV被害を受けている被害者が避難している場合、その場所を探す調査は受けられません。
これはストーカー被害を受けている、又はこれから受けそうな人の所在調査が出来ないのと同じ理由です。
DVもストーカーも犯罪ですので、その犯罪行為に加担する事になる調査は探偵には出来ません。
それを知っていないのか、又は知っていてもやってくれると思うのか、ストーカーやDVの加害者からの所在調査の依頼が入ることがあります。
もちろん、電話相談の時点や面談時に、上記のような兆候が見られる場合は、依頼はお断りしています。
しかし、巧妙に嘘をついて、所在調査をしてもらおうとしてくる輩も存在するので困ったものです・・・
探偵業法が出来る前は、どんな調査でもやってしまう探偵がたくさんいましたが、業法が施行されている現在は、営業取り消し等の処分があるので、真っ当に営業している探偵であれば、違法な調査は絶対にしません。
微々たる調査料金で仕事を失う事はできませんから・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

身近なところに不倫相手が・・・

Posted by on 2019.11.07. (木) | Tagged as: ■ブログ日記

不倫をしようとも、異性と出会える環境でなければ不倫はできません。
なので、職場等の身近なところに不倫相手は潜んでいます。
不倫相手が分からない状態で調査してみると、職場の同僚や上司部下だったり、保護者会のメンバーだったり、自分の先輩や後輩という事も現実にあります。
まさかこんな身近な所に、そして自分も仲良くしていた人なのに・・・
という調査結果は多いものです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

自分の子なのに・・・

Posted by on 2019.11.02. (土) | Tagged as: ■ブログ日記

探偵をしていると、とても不条理な場面に遭遇します。
中でも、実の子に愛情が無いという親の話にはとても心が痛みます・・・
子供はクローンでもなければ、夫婦という二人の間に生まれ、遺伝子も半々になります。
夫婦仲が良ければ、二人の血を半分ずつ分けた子という事で可愛いと思うのでしょうが、夫婦に亀裂が入り、憎しみ遭ってしまった場合、子供まで憎んでしまう親が存在します。
半分は憎んだ相手の血が入っていると考えたり、顔つきや体形、癖や仕草等が憎んでいる相手に似ていたりすると複雑は気持ちになるのでしょう・・・
離婚して子供を引き取ったはいいが、憎んで分かれた相手に似ている子供を見ると、分かれて清々しているはずなのに、どうしても相手を思い出してしまうという気持ちもわからなくはありません。
しかもそれが、自分に全く似てなくて、相手にそっくりだったとしたら・・・
それでも自分の子にはかわりはありません。
半分は自分の血を分けた子供ですから、いくら憎い相手に似てたとしても、虐待をしたりしてはいけません。
ただ、浮気して出来た子供という場合もあるので、鑑定をしてみるのは良いかもしれません。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

水害・・・

Posted by on 2019.10.30. (水) | Tagged as: ■ブログ日記

強烈な台風の三連打で、東日本に大きな被害が出ました・・・
亡くなられた方も多数いらっしゃるということで、お悔やみ申し上げます。
実は当社も水害に遭いまして、事務所が浸水してしまいました。
標高の低い、河川の水位よりも少し高い程度の土地は、水害に遭うリスクがあることを痛切しました。
何十年と住んでいるところを出ていくことも出来ず、台風や大雨による水害が発生しない事を祈りながら生活していくしかありません・・・
目の前にある河川が氾濫しなかったので、家が崩壊するような被害は出ず、低めの床上浸水で済みましたが、河川の氾濫や堤防の決壊が起きたらと思うとゾッとします。
今、低い土地に住んでいる人は、安全な場所に引っ越すしか方法がありませんが、これから住まいを見つける方たちは、高台の平地で近くに斜面が無い場所を選ぶことをおすすめします。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

疑うことは正しい・・・

Posted by on 2019.10.25. (金) | Tagged as: ■ブログ日記

何かを疑いをもって見てみる事はとても大事です。
人を疑うなんて失礼だと感じる人もいるようですが、それだと、相手が悪者だったら簡単にだまされてしまいます。
全ての事に対して、一旦立ち止まり、本当なんだろうか?と疑問を持つことは、自分を守る為の大事な防衛行為です。
別に疑っているという素振りを見せる必要はありません。
何かの勧誘を受けた時は、ちょっと検討してみます。一旦持ち帰ります。身内と相談してみます。等と言って、その場で即決する事のないようにすると良いでしょう。
探偵の調査においても、依頼人からの情報を鵜呑みにする事無く、本当の真実を見極めながら調査を進めていかないととんでもない失敗をしてしまう事があります。
疑いを持つという思考は、自分を守る防衛本能ともいえます。
それは真実を得る為の正当な行為でもあるので、疑いを持つ事に罪悪感を持つ必要はありません。
探偵事務所に相談に来られる方は、既に騙されてしまった方が多く、人の好い、疑いを持たないような人達です。
しかし、人が好いだけでは現実社会を生き抜いていけません。
なので考え方を変えて、疑うという意味ではなく、真実かどうかの確認をするという風に考えてみると良いかもしれません・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

動くのは浮気の証拠を得てから

Posted by on 2019.10.24. (木) | Tagged as: ■ブログ日記

今年は、浮気の疑惑の時点で配偶者を問い詰めたり、自分で調査して見つかってしまったり、険悪な関係になってから調査依頼をされてくる方が多かったように思います。
上記の事をしてしまうと、対象者は警戒してしまいます。
最悪の場合、調査をしてもどうにもならない状況になってしまう事もあります。
プロの探偵といえども、透明人間にはなれませんから、どうしても対象者の目に入る場所に姿を現さざるを得ません。
警戒してしまった対象者は、目に入ったもの全てを疑いますから、複数の場所に同じ人間が現れたら、調査は発覚してしまいます。
そうならないように大人数の調査員を配置することは可能ですが、莫大な調査料金になってしまいます。
なので、浮気しているのかな?というまだ疑惑の段階、又は間接的な証拠、例えばメールやラインの内容やその他の怪しい痕跡を見つけた段階で、探偵に相談されるのがベストです。
その後の生活態度や自身で出来る情報収集などを探偵がアドバイスをし、その後の調査本番に備える環境を作ります。
このように万全の態勢で調査に入れれば、本当に浮気をしている場合であれば、ほぼほぼ証拠をとらえる事は可能です。
自分で証拠を得るチャンスを無くしてしまわないように、浮気の疑いがあっても平静を装って探偵に相談しましょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

おいしい話には裏がある・・・

Posted by on 2019.10.21. (月) | Tagged as: ■ブログ日記

赤の他人に莫大な利益をわざわざ与える人がこの世にいるでしょうか?そういうおいしい話を持ってきた相手は
これをこうすれば、何百万、何千万と儲かると悪魔のささやきをした後に
「しかし、初期投資が必要です」
と言ってくるのが常套句です。
そりゃあ何もしないでお金をくれる人はいませんから、株取引でも先物取引でもFX等でも、なんらかの手続きと種銭が必要です。
この当たり前の事に付け込んで、お金を巻き上げる奴らがいます。
巻き上げられたお金は、ほとんど戻る事はありません。
ではどう対処すれば良いのか?
それは相手から「おいしい話」を持ち掛けれても絶対に乗らなければ良いのです。
そして相手の立場になって話をしてみましょう。
この儲け話をしてきた理由は?この儲け話をしてきてどんな得がそっちにあるのか?そんなおいしい話があるなら何故自分たちでぼろ儲けしようと思わずに他人に勧めるのか?
こう問われたら中々整合性のある答えを言える者はいませんが、これに備えて屁理屈を用意している場合もありますので注意が必要です。
今はネットの時代ですから、ある程度のことは自分で調べられるので、相手の社名や儲け話について検索してみるのが先決で、絶対に初対面で即決するような事はやめましょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

Next»